E.I.Engineering株式会社E.I.エンジニアリング
 




  高精度の独自開発エネルギーシミュレーションソフトEnepro21が
  負荷予測プログラムにより運転支援ツールとしてさらに進化

  
首都圏の大規模地域開発に採用! 


様々なエネルギー設備に対応した賢い運転支援システム。
  コスト削減・CO2削減方法を分かり易く提示し、実現!

 熱源設備の運転は昼夜の運転管理を必要とし、人件費の負担が大きいことに加えて人手不足に直面しています。更に運転ノウハウを持つ技術者が極めて不足しています。
 このような状況の中で、本運転支援は、発電設備、各種ビル、工場、地域冷暖房、病院、レジャーランド、美術館、県庁・市庁舎、商業施設等の熱源を効率よく運転し、コストの削減とCO2削減を実現いたします。

A.I.(エキスパート)手法による熱源設備の最適運転システム。
  運転スケジュールを視覚的に表示し使いやすいシステム!
 
  @高精度の負荷予測とエネルギーシミュレーションソフトによる最適運転システム
  A負荷予測は、施設ごとに予測し合成することで高精度を実現
  A運転スケジュールは熱量負荷パターンと流量負荷パターンの両方を表示
  B運転評価数値(システムCOP、CO2排出量、運転コスト、ピーク電力等)の
    数値により定量的な判断ができる
  C運転員による柔軟な修正機能を準備
    ・負荷の修正 
    ・機器の運転スケジュールを任意に変更して最適運転を検討できる
  D運転分析機能 任意の過去日を呼び出し最適運転スケジュールについて
    再検討ができる。


運転支援システムによる効果

  @運転コストの削減、CO2排出量の削減。 約20%の削減も可能。
  Aエネルギーの安定供給
  B負荷の変化に対して、様々な事前検討が可能
  C運転管理者が定量的に最適運転を判断できる
  D運転員の教育(運転分析機能の活用・緊急時非常時対応の学習)
  E将来の遠隔地監視運転や完全自動化運転に対応できるシステム


@大型の熱源設備は通常4シフト体制の運転員で運転管理を行っていますが、この体制を維持することは経営的に難しくなる。そこで本システムと遠隔監視を組み合わせることにより、人件費の削減と高効率運転によりコスト削減とCO2削減を確実に実現できるものとなります。
A熱源設備の制御システムを完全自動化対応に改造し、Enepro21Expertにより最適運転管理を無人で行うことができます。
   
 個人情報保護について
copyright 2009 E.I.Engineering Company,Ltd All Right Reserved