E.I.Engineering株式会社E.I.エンジニアリング
改正省エネ法対応ソフトETOMAS21 お客様の声
 



ETOMAS21 エトマス21
特長と機能 
 
エネルギー分析
ライセンス使用について 
FAQ 
導入の企業様

ETOMAS21をお使いのお客様の声をご紹介します。

報告書の作成の効率化について


@定期報告書・中長期計画書の作成がほとんど自動でできました。
手作業で行うことを考えると費やす時間が1/10位で済んだような感じです。

A昨年11月中旬にETOMAS21を導入しましたが、社内稟議も含めて11月末の提出に十分間に合いました。

B改正省エネ法はあまり理解していなかったのですが、丁寧なヘルプを読みながら作業できたので、省エネ法や省エネの実践方法についても理解が深まりました。

C今までも社内でエネルギー集計やCO2排出量の集計を行っていましたが、店舗が全国にあるので毎年変わる電力会社のCO2係数やガス会社の都市ガスデータを調べるのが大変でした。
これらがデータベースで提供されていて、毎年更新してくれるので便利ですね。
省エネ法が改正されてもETOMAS21は無償でフォローしてくれるということですね。
よろしくお願いします。 

D主な事業所は中部圏と関東圏にありますが、国への報告以外に特定の県や市への報告もあります。ETOMAS21は国の省エネ法対応と聞いていましたが、エネルギー使用量やCO2排出量は県単位、都市単位でも集計できるので地方自治体向け報告にも使えそうです。

Eエネルギー原単位の分母を何にするかいろいろ検討しました。延床面積だけでは店舗ごとの原単位がうまく説明できず結局3つの要素を取り入れました。
エネルギー分析機能が役に立ちました。

F使い方について電話で問い合わせましたが説明がとても丁寧でした。
各店舗で照明のLED化を進めていますが、店舗によって進捗が異なります。このようなとき中長期計画書の省エネ効果試算はどのように設定したら計算できるのか、といった応用的な使い方もよく分かりました。

G月次報告だけでなく、エネルギー分析結果やほとんどの数値がExcelに出力できるのは便利です。
自分流の分析にも使えます。
 
 
 
管理標準の作成について

@管理標準の項目選択では、機器の種類による絞込み、建物用途による絞込み(スーパー、コンビニ、ホテル、病院、加工工場、デパート学校、飲食店等)があり、また各項目が運用、設備更新、計測・記録、保守・点検に分類されていて、とても検索しやすかったです。

A管理項目が、経済産業省告示第66号の分類に対応づけられているので安心して選択できました。

B管理標準は、今までも省エネセンターのサンプルを見ながら作成しようと思いましたがなかなかまとまりませんでした。ETOMAS21では、自社に適用できる管理標準の項目を選択するだけで冊子ができるのでとても便利です。省エネ実践組織はまず何を決めなければいけないか、社内教育の要領まで記述されているので感心した。工場関連の管理標準はETOMAS21にはなかったのでいくつか項目を足して仕上げました。

C同じような設備構成の店舗が多かったのでいくつかのパターンに合わせて管理標準を作成することができました。テンプレートという考え方、メリットがよく分かりました。

D項目が多く、選択に少し迷いました。でも自社で作成する時のアイデアとして参考になりました。
 
 
 
省エネ分析・省エネ目標管理について

@電気、ガス使用量や定期報告書・中長期計画書などのすべてデータが毎年蓄積されていくので、事業所ごとにエネルギー使用量や原単位の毎年の変化を社内公開することにしています。これで省エネの達成度を全社員で共有し、省エネの意識が向上することを期待しています。

A店舗ごとのエネルギー原単位グラフを見ると省エネが進んでいる店舗と遅れている店舗差が一目瞭然ですね。店舗の省エネ改善に大いに役立ちそうです。

B目標管理は今年度実施していきます。事業所の事情を加味して省エネ目標値に差を付けることができるのは現実的ですね。
事業所ごとの目標値と実績のグラフを社内掲示板に掲載して競争意識を刺激しようと思っています。
 
 
設備更新計画、中長期計画書について

@中長期計画書では、設備の情報が入力されていないのに省エネ効果が具体的に数値で出てくるのが驚きですね。
設備計画の年度展開で年ごとの投資額と省エネ効果を数値で示すことができるので、バランスの取れた計画を立てることができました。  投資額も自動で出てくれたらありがたいです。

A投資額最小のケース、投資額最大のケースなど複数の設備計画を立案できるのは現実的です。中長期計画書を作るためにまず設備更新計画を作成するというETOMAS21の考え方が最初は煩わしかったですが、中長期計画書の設備更新内容を決める社内会議では複数の計画を提示したので議論をスムーズに進めることができました。
 
 
 
 
   
個人情報保護について
copyright 2009 E.I.Engineering Company,Ltd All Right Reserved