E.I.Engineering株式会社E.I.エンジニアリング

エネルギー負荷が不確定な場合のENEPRO21のシミュレーションの現状再現 

ENEPRO21 エネプロ21のシミュレーション概要  @ 評価したいシステムをENEPRO21に構築し、分かっている
   エネルギー消費量から現状の負荷を推定して設定する。

A 月毎の運転パターンの概略情報をENEPRO21に入力して
   年間のエネルギー消費量をシミュレーションする。

B 当初実際のエネルギー消費量と異なった結果となることもあるが、
   オペレータ等の現場の情報を取り入れながら
   機器性能や運転パターン、負荷を少しずつ修正する。

C シミュレーション結果を極力実際のエネルギー消費量に近づけるよう
   シミュレーションを繰返す。

D 両者をほぼ近づけることができれば、その時の機器性能や運転パターン及び
   負荷が実際の熱源設備性能と運転実態であり、現状を正確に把握したことになる。
   この把握された実態が省エネルギー、CO2削減の検討のベースとなる。