Enepro21開発のコンセプト

 次世代のエネルギー設計・評価にも対応できるエネルギーシミュレーションソフトです。
高い精度と使いやすさを両立し、プロのエンジニアと同等以上の能力と信頼性を持つソフトです。。

①ビル・諸施設及び地域負荷特性に合った高効率なシステム設計に柔軟に対応できること
②既存設備の年間運転を正確にパソコン上に再現でき、これをベースケースとして正確な省エネ診断やリニューアル提案が出来ること
③エネルギー関係者の誰もが使いやすい「汎用技術ソフト」であること
④内蔵Helpを充実させ、計算式も公開してブラックボックスをなくしたソフトとする

 Enepro21 Regular 対応熱源機器

Enepro21 Regular の特徴

1. 既存のエネルギー設備を正確に再現します
  • 既存設備の年間運転実績を高い精度で、シミュレーションにより個別熱源機器の年間消費エネルギー及び全体エネルギーを実設備の消費エネルギーとの誤差を1~2%の誤差範囲内で再現できる精度を有しています。これは電力、熱及び流量のバランスを運転状態を正確に再現できるためです。
  • 二次側(ビル側)の空調制御システム(温度、湿度、外気換気等)の結果は、エネルギー供給側(熱電設備側)の電力負荷、熱負荷及び冷熱・温熱の往還温度差に全て集約されます。集中熱電設備は、2次側(ビル側)の空調設備が制御された結果の電力・冷水・温水負荷及び冷水・温水の往還温度差データに基づいてシミュレーションを実施することになります。
2. あらゆる熱源システムを容易に構築できます
  • システムフローの機器を任意に組み合わせて、容易にシステム構築ができます。
  • 機器に付属するポンプ、附属冷却塔、附属熱交換器は、自動的に接続されます。
  • 機器の種類やタイプは「Enepro21データベース」よりダウンロードして容易に設定できます。
  • シミュレーションの結果は帳票・グラフでアウトプットされます。
  • すべてのデータをExcel形式で出力することができます。
3. お客様がご利用しやすいソフト構成です

Enepro21 Regular は、①熱電負荷作成プログラム、②シミュレーションプログラム、③Enepro21活用データ集が一体となっている極めて使いやすいソフトです。

Enepro21のシステム
4. Enepro21 Regular 活用データ集について

 お客様が容易にシミュレーションを実行できるようにEnepro21活用データ集を整備しています。
お客様専用サイトから、それぞれのデータベースにアクセスし必要なデータをダウンロードしてEnepro21に読込み、容易にシミュレーションすることができます

Remote Desktop

 Enepro21ユーザー様が、企業内だけでななく、ご自宅などからEnepro21にアクセスしてご利用になれるシステムとして、「Remote Desktop」を用意しています。コロナ禍の続く中、ぜひ導入をご検討ください。
(*Enepro21のライセンス契約をされているお客様が対象です。

Enepro21 Regularの動作環境

  • 基本ソフトウェア: Windows 10 / 10 Pro  8.1 / 8.1 Pro
  • コンピュータ本体:CPU: Intel Pentium4 2.8GHz 以上推奨
  • メモリ: Windows 10/ 8でご使用の場合 4GB以上
  • USB I/F: コネクタTypeA、USB 2.0準拠
  • ハードディスク: 30MB 以上の空き容量
  • モニタ:解像度: 1440 X 900 以上推奨
  • インターネット環境:ブロードバンド回線
  • 推奨ブラウザ:Microsoft Edge / Internet Explorer 
  • ソフトウェア: Microsoft Excel 2010以降がインストールされていること
    *Enepro21 Regularだけでも帳票の簡易印刷はできますが、Microsoft Excel 形式の帳票出力をするとMicrosoft Excel で書式を自由に編集して印刷することができます。